ネイルの資格はどうやってとるのか?|ネイル資格取得の方法

ネイルの資格の種類

ネイルに関係する資格は2種類あり、それぞれのニーズによって選んでみましょう。ネイリスト技能検定試験とJNAジェルネイル技能検定試験の2種類があります。プロのネイリストを目指すならどちらも持っていたい資格ですが、通常のネイルだけならネイリスト技能検定試験のみを受ける方法もあります。特にネイルサロンに就職する事を考えているなら、最低限でもネイル技能検定試験の2級は取得しておきたいものです。
ネイリスト技能検定試験とは、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催する試験で、ネイルの基本的な知識を取得するために活用できます。1997年より開始され、既に47万人以上の人が利用した実績があります。この資格には2級と3級の2種類の取得がおススメです。3級はネイルについての基本的な知識と技能を身に付けるためのもので、2級はより高度な技術を持っている証となります。趣味でネイルを行なうなら3級を、プロのネイリストとして活躍するなら2級を受けるのが良いでしょう。ただし、2級は3級を合格した人しか受けることができません。どちらも筆記試験と実技試験が行なわれます。また更なる技能を身に付ける1級もあります。
JANジェルネイル技能検定は2010年に始まったばかりで、ジェルネイルの知識を身に付けるために必要となる資格となります。

資格情報

JNAジェルネイル技能検定とは・・・もっともポピュラーなネイル資格のうちのひとつです。